医学部科目

私立医学部の入試問題は多士済々です。つまり、大学によって難易度・出題数がバラバラで、各大学を個別に対策するとなると、英語だけで膨大な時間がかかります。では、どんな対策をすれば合格答案を書けるのでしょうか?
英文法、長文、英作文など、大学により出題傾向がありますが、共通して重要なことは、根拠を持って解答できるようにすることす。
我々ポッシブルの英語科は、1年間の学習の中で、なぜ、その解答を選んだのかを問い、根拠を持って解答できるようになるような指導をしてきます。

講師からのメッセージ

講師からのメッセージ

医学部受験だからといって奇抜なことをするのではなく、当たり前のことを当たり前にこなしていく習慣を身に付けていただきたいと思います。
この習慣を身に付けると、他人からすると『努力してるな』と思うことが自分にとって 当たり前のことになり何の苦も感じなくなります。
簡単に言いますと、授業で習ったことをその日のうちに復習(授業の再現)をし、演習問題で何度も練習し、習った内容が自然と口をついて出てくるようにするということなのです。簡単なことでしょう!
でも、毎日同じことを繰り返していると、どうしても人はそこに疑いをかけたくなって『これでいいのか?』と思ってしまいます。そうなんですよね、抑揚をつけたくなるんですよね。任せて下さい!僕がその抑揚をつけます。
さあ、Possibleで一緒に勉強をしましょう!

ページ上部へ戻る